報告会・報告表が増えてきたMRの苦悩について

MRについて

▽無料でハイクラス求人を見ることができます▽

こんにちは!

ChanKです。

本日は『報告会・報告表が増えてきたMRの苦悩について』をテーマに記載します!

皆様の会社は、報告会・報告表はありますか?

ない会社の方が珍しいですよね(笑)

コロナの影響を受けて、MRも以前より活動量から活動の質に移行できるように、色々と試行錯誤をしていると思います!

また病院やクリニックも訪問規制がある所もある中で、報告会・報告表に板挟みになるMRについて考えてみました。

ちなみに私も板挟みになっています!

報告会・報告表とは?

まずは報告会・報告表とは何か?解説します。

担当の施設の活動状況や、新しく自社製品使っていただいた数新薬の浸透具合などを報告するものです!

これ以外にも、もっと報告事項がある会社もあると思いますが、知り合いのMRから聞いた話と、自分の経験を合わせるとだいたいこんなもんですね。

簡単にまとめると、MRがどういう活動をして、どういう結果になっているのか?を把握するものだと思います!

報告会・報告表が増えている!

コロナの影響もあり、他社MRと情報交換する機会も減っていましたが、先日たまたま病院で一緒になったMRや、過去に担当先が同じであったMRと電話することがあり、近況を共有しました。

口を揃えて、報告事項が多い!ということを聞きました(笑)

これは私も同感だったので、非常に共感できましたね!

メリット&デメリット

報告関連については、メリットもデメリットもありますね!

まず私の考えをお伝えしますと、MRからの報告関連については、管理職が聞き取りまとめるなり、上に報告するなりするのがベストだと考えているので、会議体での共有は必要ないと考えています!

要は必要なことは、MRに直接聞けばいいだけです!

ただ全体で共有することで、メンバーのモチベーションを上げたり、マインドを醸成する狙いもあるようです。

実際に私も新人や経験の浅いときは、先輩の成功例経験談を参考にすることもありました!

デメリットは、時間的な拘束があることです。

報告するための面会時間を確保したり、報告表への記入する時間、報告会の時間というように、拘束時間が非常に多くなります。

また報告することが仕事の目標になることもあるので、本来の仕事目的が見失われる可能性もあるのでは?と考えています!

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『報告会・報告表が増えてきたMRの苦悩について』をテーマに記載します!

リモートが増えた中で、MRの仕事を管理する目的もあって、報告事項が増えているのはどの会社でもあるのではないでしょうか?

先生と面会した内容を日報として記録したり、上司に直接報告することで、あとは管理職に任せたい所ですが、こればっかりは会社員である以上仕方がないと思っています。

あとは、会社への報告だけでなく、MRとして面会した先生から患者さんのことを確認したら、安全性情報適正情報などMRと面会して良かったと思ってもらえるような活動をしたいですね!

たまに会社から無茶なことを言われることもありますが、私は倫理的に何がただしいのか?を軸に持って考え、行動を判断するようにしています!

会社と現場でギャップを感じることもありますが、何か自分の軸を持っていると良い判断材料になるかもしれないですね。

ではまた宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました