製品説明会について

MRについて

こんにちは!

ChanKです。

 

本日はMRが行う製品説明会について、記事を書かせていただきます。

就活生の方・転職でMRを目指す方に対して、MRの仕事をイメージできるよう書かせていただきますので、宜しければご覧下さい。

 

製品説明会について

製品説明会はMRにとって真価が問われる場面でございます。

医者に対する製品説明会を想定しますと、医者は担当MRに対してプレゼン力・質問回答力・製品/疾患知識を持っているのか?を確認する場でもあるため、説明会次第で医者との関係性が決まると言っても過言でないぐらい重要な場面の一つです。

就活生やMRでない方はなかなかイメージしにくいかと思いますので、次から詳細を書かせていただきます。

 

プレゼンテーションの構成について

説明会をする上で重要なポイントはプレゼンテーションの構成です。

話している内容が良くても、構成が悪いと聞き手に上手く伝わらないことがあります。

せっかく事前準備に時間を割いて、当日の説明会に挑むので、しっかりと聞いて欲しいですよね。

おおよそ3つに内容を分けて、1点目を疾患、2点目を製品の有効性、3点目を安全性など具体的に切り分けて話すことと、プレゼン時間が10分なのか?20分なのか?開始直後に伝えると聞き手も理解しやくなると思います。

またジェスチャーもBody Languageと言って、聞き手に伝えるアクセントになるので、ポイントをつまんで使ってみるのも良いです。

かつての私の上司がMRのプレゼンは、1つのパフォーマンスショーとおっしゃっていました。私たちも映画やミュージカルを見るのにお金を払うと思いますが、MRのプレゼンはそれと一緒ということであります。確かにMRは医薬品情報を提供するプロ職なので、事前にしっかりと勉強して、準備する必要があるということです。

プレゼンがあまり上手でない方は、準備にかける時間が少ないケースが多く見受けられますので、自分のプレゼンに自身のない場合には話す言葉を書き出し、繰り返し練習してみることをお勧めします。私は今でも説明会の前は何週間も前から話す言葉を書き出し、空で言えるようになってから、本番に挑むようにしております。そうするようになってから、緊張しなくなりました。

総括

本日はMRの製品説明会について、記事を書かせていただきました。

ある程度経験を積んでくると、練習をしなくなったり、説明会の準備にかける時間が少なくなっている方が多くいますので、そうならないように気を付けたいですね。

それではまた宜しくお願い致します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました