MRは転勤が多いのか?希望は通るのか?について解説!

MRについて

▽自己分析が無料で受けることができます▽

こんにちは!

ChanKです。

本日は『MRは転勤が多いのか?希望は通るのか?』をテーマに記載をします!

就活生からも良くいただく質問でも転勤というワードは良く出てきます。

確かにMR=転勤というイメージは、私が就活生の頃からありましたし、実際エントリーシートでも全国転勤可能かどうか?確認する会社もありました。

結論から言いますと、MRは転勤が多い職種であることは間違いないと思います!

ただこれをプラスと考えるか?マイナスと考えるか?は個人の考え方次第ですね。

ここからは、就活生向けにMRと転勤について、解説をさせていただきます!

MRの転勤頻度はどれぐらい?

MRの転勤頻度について、ご質問をいただくことも多々ありますので、ご紹介をします!

これは人によるというのが回答となってしまいます。。。

2~3年毎に転勤をしている人もいれば、約10年程同じ土地にいる人もいるので、本当にばらばらです。

参考までに、私の場合だと1回目の転勤は2年半、2回目の転勤は1年半、3回目の転勤は2年半でしたので、同期と比較しても転勤は多い方でした!

この間で1回も転勤していない同期もいましたので、人によってばらばらです。

今まで私が出会って一番長かった方で、入社以降17年転勤していない人がいました(笑)稀なケースですが、そういうこともあります。

転勤するメリットとは?

転勤するメリットは何があるのでしょうか?

会社から見たメリットと、MRから見たメリットと2つ解説をします!

会社から見たメリットとして、社員の適正な人材配置があります!

例えば、成長中の若手MRがいたときに、マーケットの大きな病院を担当させたり、雰囲気の良くないチームに、カンフル剤としてムードメーカーの役割を担うMRを配置させたり、組織の新陳代謝を図ることも狙いの一つです。

MRから見たメリットとして、キャリアアップ or キャリアチェンジがあります!

MRからMSLやMAに異動するケースや、GP担当からHP担当になるケースもあります。

市場の大きな施設で仕事をしたい!』という思いがあるMRだと、転勤してより大きなマーケットを担当できると嬉しいですし、期待されているなと感じますよね!

私は仕事の側面だけでなく、その土地の観光や特産物などを体験できるのも、転勤の醍醐味だと思っております笑

転勤や異動の希望は通るのか?

会社によってまちまちだと思います!

・結婚して奥さんや旦那さんと同じ土地で働きたい

・家族や家庭事情で地元に帰らないといけない

上記のような場合だと、比較的理解を示して、優遇してくれる会社が多いように感じます!

ただ都会で働きたい!とか地元に帰りたい!とかの理由では、会社も考慮はしないと思います。特別な理由がないと希望は通らないでしょう。

重複しますが、MRからMSLやMAといった他職種へ異動したい!とか大きなマーケットのある病院を担当したい!とかは、現在の仕事でしっかりと結果を出せば、実現する可能性はあります!

私もオンコロジーを希望して、オンコロジーMRとなりましたし、市場の大きな施設を担当したいと言って、現在の希望を叶えてもらっています。

希望を叶えるなら、今与えられた仕事でしっかりと結果を出すことが、一番の近道であると思います!

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『MRは転勤が多いのか?希望は通るのか?』をテーマに記載をしました!

MRは銀行とかに比べるとまだ少ない方だと思いますが、比較的転勤は身近にある職種なのでは?と思います。

今回紹介したように、転勤のメリットもありますし、希望も通ることはあります!

そのためには、今ある仕事をしっかりやり抜くことが必要ですね。

ただ例外として、私個人としては、会社には様々な背景を持ったMRが働いているため、MRの家族事情や家庭事情、個人の健康問題などを考慮して、転勤や異動の内示をして欲しいなと思います!

ではまた宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました