MRから異業種への転職について解説!

MRについて

こんにちは!

ChanKです。

 

本日は『MRから異業種への転職について』をテーマに解説をさせていただきます!

MR不要論やMR早期退職がここ数年加速していますが、更にコロナ禍での病院訪問規制が進んだことで、現役MRで将来の不安を感じている方は数多くいるのではないかと思います。

以前MR不要論とコロナ禍でのMR活動について、記事を記載していますので、もしご興味ある方は見てみて下さい!

MR不要論を考える
MR不要論について興味はありますか? 本記事には、MR不要論について考え、記事を記載させていただいております。 就活生の方や現役MRの方は必見です。

 

~現状報告~コロナ禍のMR活動について
コロナ禍でのMR活動について何をしているのか興味はありますか? 本記事では、コロナ禍でのMR活動で何をしているのか?について記事を書かせていただいております。 現役MRの方は必見です。

 

MRが転職する際に、異業種へ転職をする場合に考えなければならないことを、私見でございますが本日お伝えします。

 

MRから異業種への転職先はどこがある?

私は転職サイトにいくつか登録しており、エージェントと話をする機会も多いので、エージェントから聞いた話と私の周りであった事例から紹介をします。

・ 医療機器メーカー

MRから異業種で一番多いのは、医療機器メーカーだそうです。

理由としては、同じ医療業界ということからMRの経験を活用できることと、MR特有の高い年収をキープまたは更にUPできる業界ということが人気の理由です!

私の周りでも一番多かったですし、エージェントからの紹介求人も一番多いのが医療機器メーカーです。

・ 金融業界 (主に保険営業)

外資系の個人事業主型の保険営業へ転職するケースは多いです。

私の周りでも転職した先輩がいました。個人事業主となるため、完全成果主義で年収は青天井だそうです(笑)

・ M&A業界

年収が高いことで有名なM&A業界へ飛び込むケースもあるようです。

M&A業界を選択する理由として、未経験者でも挑戦できる点や年収が高い点が人気のようです。

また薬局合併の案件等では、MR経験を活かせる可能性があるので、そこもポイントかと思います!

M&Aキャピタルパートナーズでは、平均年収が3千万と報告されているので、非常に夢のある業界です。

MRから異業種へ転職するメリット

メリットは人それぞれあると思いますので、ここは私の私見をお伝えします。

メリットは一つで『仕事の幅が広がる』ということです!

MRは価格交渉をしないですし、基本的にはルート営業が基本です。

他の営業職でこういう営業スタイルの職種はまずないので、異業種へ転職することでMR時代を比較して間違いなく仕事の幅は広がります!

MRから異業種へ転職するデメリット

メリット同様、これも人それぞれなので、私の私見をお伝えします。

一番のデメリットは『年収が下がる可能性がある』ということです!

MRは比較的年収が高い業種のため、異業種へ転職するとその業種では未経験者の扱いにあるため、年収が総じて下がる可能性が高いということです。

ただ先程ご紹介したように、医療機器メーカー・金融・M&Aの業界では、MRから未経験であっても実績次第では年収が大きくUPすることができます。

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『MRから異業種への転職について』をテーマに解説をさせていただきました!

MRから異業種へ転職する際の業界、異業種への転職メリット&デメリットを紹介しましたが、今後MR業界がどうなるか?誰もわかりません。

またMRが少なからずこれから減っていく可能性があることは、ほぼ確実なのではないかと思います。

ただどの業界も絶対安泰の業界というのはないですし、絶対安泰な業界で働きたいのであれば、公務員にいくしかないです。

MRは医薬品の情報提供を通じて、医師やその先の患者さんに貢献する仕事ですし、私は非常にやりがいのある仕事なので、まだまだMRとして働きたいと思っています!

ではまた宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました