製薬会社の講演会について解説!

MRについて

こんにちは!

ChanKです。

本日は『製薬会社の講演会』をテーマに記事を記載します!

製薬会社でMRとして勤務していると、講演会は普段の情報提供活動と同様に大切な仕事と感じていると思います。

なぜ製薬会社が講演会をするのか?講演会をする目的は何か?就活生の方はなかなかイメージが難しいと思いますので、解説をさせていただきます!

 

講演会では何をするのか?

そもそも講演会では何をしているのでしょうか?

一般的には自社医薬品の情報提供です!

MRのする情報提供と違い、講演会では医師から講演をしていただくため、実際の使用経験使用方法を伝えていただけることもできます。

(※各社ルールがあるので、ルールの確認はその都度必要です!)

また聴講する先生も、実際使用している先生の話を聞くことで、使用する患者さんのイメージをしやすくなるメリットもあります!

特に新薬だと先生方も有効性・副作用を中心に気になることが多々ありますので、治験や実臨床で経験豊富な先生の講演の場を作ることは、新薬を浸透させるという意味でも必要な活動になります!

製薬会社が講演会をする目的は?

講演会をする目的の多くは、先程少し触れましたが『新薬を浸透させること』ですね!

その他にも、地域連携の場を目的として実施するケースもあります。

MRは色々な病院に訪問するため、病院毎の問題点・医療圏の問題点を把握することができます。

先生方は、普段の臨床が忙しく、病院間の連携や地域の開業医との紹介逆紹介まで手が届いていないケースがありますので、そこの課題をMRが解決することができれば、医師からも病院からも必要とされると思います!

MR不要論が叫ばれる中で、他社や他のMRと差別化を図るなら、みんながしていない潜在的なニーズを見つけ、打ち手を展開することができれば間違いなく求められるMRになると思います。

MR不要論を考える
MR不要論について興味はありますか? 本記事には、MR不要論について考え、記事を記載させていただいております。 就活生の方や現役MRの方は必見です。

就活生の方も、面接のときに自分がMRとして何をしたいか?今までの経験をどう生かせるか?を考えて挑むようにして下さい!!

コロナ禍での講演会

コロナ禍により、講演会のあり方も変わってきております!

リモートが進んだことにより、講演会も会場に集合して先生の講演を聴講するスタイルから、zoom等を活用したリモート形式が汎用されるようになりました。

リモートが浸透したことにより、遠方のため会場で聴講できなかった先生が参加できるようになりましたが、まだ集合形式の方が好む先生や聴講者が多い印象があるので、メリットもデメリットも混在している状況です!

またリモート講演会が最近頻発しているため、本当に必要だと感じてもらう講演会でないと、聴講者がほとんどいないようなケースになってしまう悲惨なこともあるようです。

中には聴講者0という講演会もあったようなので、企画前からコンセプトと必要性を吟味して実行することが、現場のMRには求められます!

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『製薬会社の講演会』をテーマに記事を記載しました!

これから入社する新人MRの方は、リモートという手段は必須ツールになっていると思います。

恐らく、新人研修でもリモート時のマナー等も組み入れられるのではないでしょうか?

まだまだ完全にリモートが受け入れられている状況ではないので、リモートとリアルを使い分けながら、ニーズに合わせて現場で活用できるMRがこれから活躍すると私は感じています!

今後はリモートの活用事例なども紹介していきたいと思います。

ではまた宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました