得意先のイベント参加について解説!

就活生向け

こんにちは!

Chankです。

 

本日のテーマは『MRの得意先のイベント参加』でございます。

私の場合は、エリア担当から病院担当へと変わってから、全くなくなりましたがまだエリアを担当しているMRの方は、得意先のイベント参加をしているケースもあるかと思います。

実際の私の経験や、周りの先輩を参考して記載させていただきますので、就活生の方は「MRの仕事はこういうものもあるんだ~」ということで、是非見ていただきたいと思います。

 

得意先のイベント参加?

昔に比べるとかなり減りましたが、今でも良くあるのは行事参加です。

MRも営業でありますので、得意先のイベント or 行事があれば積極的に参加しますし、特に競合メーカーが参加しているなら、絶対に参加すると思います!

ではイベントって何があるの?と思う就活生の方も多くいると思いますので、簡単にどういうものがあるのか解説しますね。

夏祭り or 納涼会

クリニック担当MRが多いですね。

クリニックさんが地域の方々向けにしている夏祭りをMRがお手伝いしたり、看護師や事務の方などとのBBQのお手伝いをしたりすることが良くあると思います。

基本的に外でするイベントのため、めっちゃ日焼けしますし、めっちゃ疲れます。

BBQのときの焼き場は本当にきつかったですが、嫌な素振りを見せてしまうと、スタッフさんから院長に告げ口される可能性もあるので、MRはニコニコして頑張らないといけません。

私がエリアを担当していたときの話なので、随分と前のことですが、今のMRはルール的にそういうイベントに参加はできないと思います。

良い時代になりました(笑)

忘年会

エリア担当としての腕の見せ所でしょう(笑)!

MRの大事なイベントNo.1です!

12月になると10個ぐらい忘年会がありましたね。土日はずっと忘年会。忘年会パレードです。

お酒が好きな人は楽しいと思いますが、私のようにお酒が弱い場合はトーク力でカバーですね!

面白い&すべらない&誰も不快にさせない鉄板の話は2~3個持っておく必要があります。

飲み会の席では、全く知らないスタッフさんと同じ円卓になりますが、しっかり盛り上げて印象を良くして、忘年会自体を楽しくさせるのがMRのミッションです。

たまに自分の立場を分かっていないMRが、端っこの方でMR同士で談笑していますが、「こいつら何しに来てんねん!」と心の中で思っていました。招待されていると勘違いしているパターンです。

院長もそういうMRの動きはしっかり見ているので、疲れますが競合メーカーとの闘いだと思って頑張っていました!

病院担当になってからは1回もないですね(笑)

新年会

忘年会ほど数は多くないですが、やはり1月 or 2月で何軒かありました。

印象に残っている新年会は、2次会でカラオケがあり、MRが1人1曲歌わされるということです。

毎年そこで院長がジャッジして面白いかどうかを決めるのですが、そこで目立てるかどうかでそのMRの1年が決まる感じでした(笑)

今ではあり得ない話ですが、その施設の担当MRは新年会で全てが決まると皆言ってました。

女性MRは何人かでユニットの様な感じで、グループアイドルの歌を歌ったりして、男性MRは気合と根性と勢いで盛り上げていました!

ちなみに病院担当になってからは1度もありません(笑)

ゴルフコンペ

院長先生やスタッフさんと一緒にラウンドします。

コンペのためにMRはゴルフグッズを揃え、仕事が終わると打ちっぱなしで練習を行います。

先生は上手なので若手MRはしっかり練習しないと、一緒にプレーできないので必死ですね。

私もかなり練習して、アベレージで100ぐらいになってからでないと、迷惑がかかってしまうかなと思いました。

今はほとんどないと思います。

卸さんとの親睦会

卸さんとの親睦会はまだあるのではないでしょうか?

私は病院担当になってからすっかり行っていませんが、MSさんと仲良くなれるチャンスですね!

MSさんの中にはクリニックでめっちゃ仲が良いMSさんがいたりするので、しっかりと関係構築できる良い場所であると思います。

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『MRの得意先のイベント参加』で記載させていただきました。

結論、病院担当はあまりこういうイベントはないということです。

ただこのようなイベントはめんどくさいだけでなく、院長の仕事以外の側面を見れたり、普段聞けないようなことを勉強させていただいたりすることもあるので、私としては若手MRはまず経験して欲しいなと思います。

いきなり病院担当だと、先生との距離感が凄く遠く感じると思いますので、やっぱり新人&若いときはエリア担当でバリバリ営業スキルを磨くのが一番だと感じました!

ではまた宜しくお願い致します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました