【MR志望就活生向け】志望動機の書き方

就活生向け

▽自己分析が無料で受けることができます▽

こんにちは!

ChanKです。

本日は『MR志望就活生向けの志望動機の書き方』を記載します!

結論から言うと、自分のやりたいことはMRでないとできないんだ!!という強い意志を表現することがポイントです。

就活が解禁となり、MR志望の就活生よりエントリーシートや志望動機の添削依頼が増えていますので、もし志望動機など不安がある方は、是非ご参考にして下さい!

MRの仕事とは?

まずMRの仕事を理解していないと志望動機は書けませんので、簡単に記載します。

MR(medical representative)は、医薬情報担当者のことであり、自社医薬品を適正に使用していただくために、医師・薬剤師などに情報提供を行う仕事です!

副作用などの安全性情報を収集することもMRの仕事ですが、その他にも、最近では医療連携・病診連携に関してもMRが関与することもあります。

志望動機を書く前に!

ここから本題の志望動機を書く前に理解することについて記載します!

冒頭にも触れましたが、1番のポイントは自分のやりたいことはMRでないとできないんだ!!ということを伝えることです。

そのため、一度志望動機を書いてみて、あれ?他の営業職でもできるな~と思うエントリーシートだと再考した方が良いですね。

例えば、MRと他の営業職と違う点としては、価格交渉がないことです!

卸という医薬品卸が、価格交渉流通管理などを行ってくれますので、MRが価格交渉を病院やクリニックと直接行うことはありません。

このようにまずMRと他の営業職との違いは理解していないと、志望動機の説得力も欠けますね!

MRにしかできないこと!(私見含む)

MRにしかできないこととは何でしょうか?

色々なご意見があると思いますが、ここでは現役MRの立場から、私の私見を記載します!

医学の勉強ができる

医療圏の課題解決に関わることができる

大きくこの2点だと私は考えています!

まず『医学の勉強ができる』ことについては、扱う製品に関する疾患勉強や製品勉強を行いますので、他の営業職では経験できない医学知識という専門性を高めることができます。

医療圏の課題解決に関わることができる』については、様々な病院に訪問するMRだから見えてくることが沢山あります。

患者さんが多い病院やクリニックの特徴専門医がいないエリアでの病診連携の課題など実はMRが持っている貴重な価値であったりします。

MRができることは、昔に比べると制限されましたが、まだまだ見つけきれていないだけで、MRだからできることは沢山あると思っています!

志望動機を書くポイント!

MRを目指す就活生にお伝えしたい志望動機を書くポイントを記載します!

①自分のやりたいことがMRでしか実現できないことを明確にする

②なぜ①のことをやりたいか?記載する

MRの志望動機を書くなら、上記2点を抑えておくことが必要です。

さらにメーカーによって特徴があるので、新薬メーカーか後発メーカーか?企業理念は?開発パイプラインは?などの情報収集を行い、志望動機に付け加えるとより良くなります!

エントリーシートを作ってみて、不安がある方は私が無料で添削相談に乗ることも可能ですので、問い合わせフォームやTwitterよりご連絡下さい!

キャリアチケットも無料でエントリーシートの添削を行っていただけますので、まだ登録していない方はご参考にして下さい。↓

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『MR志望就活生向けの志望動機の書き方』を記載しました!

私が就活生のときも何が正解か?良くわからないまま進めていましたので、遠回りすることも多々ございました。

またエントリーシートを書くのも時間がかかるので、少しでも頭の整理やご参考にしていただければと思います!

またMRを目指す方は、会社選びのポイントについても記載していますので、宜しければ見てみて下さい。

【就活生向け】自分に合った製薬会社の選び方!

MRは非常にやりがいのある仕事ですし、これからオンコロジーやオーファンの薬剤が多くなるため、より専門性の高い仕事になると思います!

先生に情報提供を行い、使っていただいた薬で患者さんの状態が良くなったことを聞くと、本当にMRをしていて良かったな~と感じますので、就活は大変だと思いますが、是非MR目指して頑張って下さい!

ではまた宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました