アッヴィ合同会社について調べてみた!

転職

こんにちは!

ChanKです。

本日は『アッヴィ合同会社』について解説をさせていただきます。

転職については私も色々調べていますが、アッヴィ合同会社の案件を紹介していただいたため、詳細について調べてみました。

会社概要・製品力・将来性を中心に紹介をします。

 

アッヴィ合同会社とは?

本社を米国に置く、バイオ医薬品に特化した製薬会社です。

2013年のアボット・ラボラトリーズより、分社したことにより設立された会社であり、日本法人は同じくアボット・ジャパンより分社しています。

一番有名な薬剤としては関節リウマチに適応を持つTNF-α阻害薬「ヒュミラ」があり、アッヴィの屋台骨を支える主力製品の一つです!

国内の従業員数は1000人弱ぐらいであり、その中にMR数が何人いるかは不明です。

2019年の製薬会社売上ランキングでは、世界4位を誇り、近年2桁成長を続ける製薬会社であります。

アッヴィの製品力は?

アッヴィの主力製品について調べてみました!

・関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」

関節リウマチを中心に、多くの自己免疫疾患に適応を持っています。

アッヴィの屋台骨を支える製品でありますが、バイオシミラーの発売により、売上は減少傾向となっています。

・C型慢性肝炎治療薬「マヴィレット」

主要なジェノタイプに効果を示し、腎機能低下症例にも投与可能なことが特徴であります。

また投与期間が12週から8週へ変更となったことからも、売上拡大に繋がっています。

・慢性リンパ性白血病治療薬「ベネトクラクス」

ベネトクラクスは、BCL-2を標的にした経口BCL-2阻害薬です。

リツキシマブとの併用で、無増悪生存期間(PFS)の延長効果が認められたことから、承認を得た薬剤であります。

また現在承認申請中ですが、AML(急性骨髄性白血病)治療に革命を起こした治療薬であり、ベネトクラクスとアザシチジンの併用でOSの改善が認められており、AML以外にも適応拡大を予定しています。

これからのアッヴィはベネトクラクスを皮切りに、オンコロジー領域に重点を置き、成長拡大を狙う戦略だと考えます。

今まで屋台骨を支えてきた「ヒュミラ」のバイオシミラー発売により、売上は右肩下がりになることは間違いないので、「ベネトクラクス」の適応拡大を狙ってMR拡充を考えているのだと思います!

アッヴィの将来性は?

アッヴィはこれからオンコロジー領域に本格参入します!

先程ご紹介したBCL-2阻害薬「ベネトクラクス」に加え、「ベリパリブ」という薬剤もフェーズⅢで開発が進んでいます。

適応は非小細胞肺癌・卵巣癌で開発が進んでいるようですが、その他固形癌にも数多くのパイプラインを所有しているので、オンコロジーに注力してMR活動をしていきたい人にはオススメだと思います。

年収など待遇面については、色々な情報があるため正確なことを言うことはできませんが、外資系製薬会社のため、実績を残すことができればそれなりに期待はできる報酬は得ることは可能だと考えます!

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『アッヴィ合同会社』について解説をさせていただきました!

オンコロジーの立ち上げや、外資系メーカーでバリバリ実績を残したい人にはオススメの会社だと思います。

また「ベネトクラクス」が適応拡大を予定しているAMLの適応は、今までの治療に革命を与えるインパクトのある効果が期待できると感じましたので、MRとしてのやりがいも実感できると思います!

パイプラインも豊富な会社であるので、興味ある方は本ブログでも紹介している『キャリアカーバー』や『ランスタッド』に登録し、エージェントの方と連絡を取ってみることをオススメします。

【高収入ハイクラス用】オススメ転職サイト
高収入ハイクラス用のオススメ転職サイトについて知りたいですか? 本記事では、高収入ハイクラス用のオススメ転職サイトについて、ChanKオススメの3つのサイトを紹介しています。 現役MRや転職を検討している方は必見です。

 

ではまた宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました