就活準備!これだけはやっておこう!【MRを目指す就活生へ】

就活生向け

▽自己分析が無料で受けることができます▽

こんにちは!

ChanKです。

本日は『就活準備!まずこれだけはやっておこう!【MRを目指す就活生へ】』をテーマに記載します!

就活も選考はWebが主体となり、何から準備すべきなのか?不安な就活生も多いと思います。

そんな就活に漠然とした不安を持ち、『MRやってみたいな~』と少しでもご興味のある方は、ご参考にしていただければと思います!

就活のスケジュール

2023年卒の就活スケジュールは下記の通りです。

ES提出が始まる3月からが、エントリー開始となります。

ただし一部外資系企業は、それよりも少し前から企業説明会・ES提出があるため、注意して確認しておく必要がありますね!

経団連に加盟していない外資系大手のバイエル・ブリストル・ノバルティスは、選考が少し早かったです。

私が就活生のときは、12月に解禁で4月より内々定でしたので、このスケジュールを見ると6月から大手メーカーの内々定が決まっていく感じですね!

インターンシップは受けるべき?

インターンシップには、就活解禁の直前に行うインターンシップや、大学3年生向けに行うインターンシップと2種類あります。

インターンシップを受けるべきか?結論から言いますと『業界分析・企業分析・志望動機の3つが完成しているなら受けるべき!』だと思います!

大学3年生の夏頃になると、周りの友達から『インターンシップ受けた方が良いらしい』ということを良く聞くと思いますが、業界分析企業分析もできてないのに、まず受からないですし、インターンシップ落ちた会社は本選考でも通らないというケースもあります。←これは経験則ですが(笑)

ちなみに私も周りに流されて焦っていくつかインターンシップを出した一人です。

そして、見事に3社全落ちからの本選考も、その3社とも落ちました。(2社はESで落選)

ただインターンシップもメリットとして、人事部の評価が高いと優遇されることがあるので、自信がある人はチャレンジするのも良いですね!

まだMRに興味があるな~と思うぐらいの方は、四季報業界分析企業分析をしたり、MRがどんな仕事なのか?を調べることに焦らず時間を使うべきです!

まずは自己分析!

少し前置きが長くなりましたが、ここからは何を準備すべきか?解説していきます!

まずは自己分析です。

冒頭にも記載しましたが、大事なことは自己分析業界分析企業分析です!

この3つを怠ると、内定を貰い、入社しても『こんな仕事だと思わなかった!』ということで、離職してしまう原因になるので、大切な準備です。

自己分析は、ESでは自己PRや自分の長所・短所を記載する際に役立ちます!

また自分の今までの経験を振り返ることで、意外と知らなかった自身の能力スキルに気づく機会にもなります。

自己分析の仕方には、様々な方法がありますが、キミスカの自己診断は無料で使用できますし、自己分析結果を見た企業からのスカウトもあるので、オススメです!
キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

あとは36個の質問に答えて、自己分析できる『My analytics』も無料なので、オススメです!

簡単な質問で5分程度でできるので、ゲーム感覚でまず試してみるのも良いと思います。

【自己分析ツール「My analytics」【無料】

次に業界分析!

自己分析が終わると、次は業界分析です!

MRになりたい!

MRについて勉強したい!

という人は、まず製薬業界について業界分析をすることが必要となります。

なぜ業界分析が必要なのか?

・製薬業界は他業界と比べてどうなのか?

・製薬業界のこれからはどうなのか?

・MRの仕事ってどういうものなのか?

こういうことを知らないと、ESも書けないですし、面接でも話すことができないですね!

こういう分析というか業界のことを勉強するのが、業界分析です!

簡単ですが、具体的にすることは下記のような感じです。

①業界の相関図を作る

②MRの仕事内容を調べる

①業界の相関図に関しては、四季報を見るのも良いですし、もっと詳しく知りたいなら、よくわかる医療業界も詳しく書かれています!

②MRの仕事内容については、以前私のブログでも記載しましたので、宜しければご参照下さい!

MRの仕事内容とは?
MRの仕事内容について興味はありますか? 本記事には、MRの仕事内容について記事を記載しています。 就活生の方は必見です。

その他には、医薬品業界とMRの仕事がわかる本が良いので、オススメです。

最後に企業分析!

最後に企業分析です!

ここまで分析すると、MRとしてどういう疾患・製品を担当したいか?ある程度イメージができていると思います。

まだイメージできていない人は、MRでこんなことしてみたいな~とかMRになって医学の勉強してみたいな~とかざっくりした気持ちでも大丈夫です!

製薬会社は、先発品を扱う先発メーカー後発品を扱う後発メーカーと大きく2つに分けることができます。

また先発メーカーも、オンコロジー領域をメインに扱うメーカーや、生活習慣病・精神疾患・免疫疾患を扱うメーカーや、希少疾患を扱うメーカーなど分けることもできます!

それぞれの製薬会社がどういう製品を持っているのか?現在どういう疾患の研究をしていくのか?を見ることができるのは、ホームページに記載してある開発パイプラインを確認することです!

製薬会社の開発パイプラインについて
製薬会社の開発パイプラインについて、興味はありますか? 本記事は、製薬会社の開発パイプラインの解説をしています。 就活生の方やMRの方は必見です。

開発パイプラインを確認して、どの製薬会社にESを出すのか?イメージできれば、就活の事前準備は完了です!

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『就活準備!まずこれだけはやっておこう!【MRを目指す就活生へ】』を記載しました!

自己分析・業界分析・企業分析と3つの分析を紹介しました。

特に自己分析は、製薬会社のMR志望でなかったとしても役に立つことなので、3つの中でも一番大切なことです!

本日紹介した3つの分析以外にも、テストセンター対策の勉強や、面接対策・グループディスカッション対策など色々ありますが、事前準備ができていないと、選考が進むと自分の気持ちがぶれてくるので、ゆっくりと時間をかけてみて下さい!

ではまた宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました