MRの転勤について

MRについて

▽自己分析が無料で受けることができます▽

こんにちは。

ChanKです。

本日はMRの転勤について、ご紹介をさせていただきます。

MRといえば転勤というイメージがあるかと思いますので、転勤の実情についてここで解説をさせていただきます。

 

MRの転勤について

MRの転勤について、皆様はどういうイメージをお持ちでしょうか?

「私は地元が好きだから、できれば地元に近い所で仕事したいな~」とか

「俺はMRができれば、どこで働いても良いよ~」など様々な方がいらっしゃると思います。

結論からお伝えしますと、地元志向が強い方はMRで仕事を継続することは、少しメンタル的にもしんどくなるかもしれません( ゚Д゚)

MRをしていると、「あのMRが鬱になったらしいよ」、「今は色々あって休職しているみたいだよ」とか噂がちょくちょく回ってきます。メンタルがやられてしまう方に多いのが、地元志向が強い人に多かったイメージが私の中であります。

ここからは私の私見になってしまうので、反論もあるかと思いますが、今までの経験上そういう方が多かったということは事実です。

例えば、沖縄出身の方が勤務先が北海道であったり、九州の方が東京ということも普通にあり得ます。なので面接中にも、全国転勤が可能か?ということは必ず聞かれますので、覚悟しておいて下さい。

ちなみに私も地元は関西ですが、現在は九州なので、地元とはかけ離れていますね(笑)

転勤は何のためにするのか?

転勤する理由ですが、大きく分けて3つパターンがあります。

① 他のエリアから求められているパターン

② 自組織からはじき出されたパターン

③ 同じ場所で働きすぎてモチベーションが下がっているパターン

上記3つが転勤の理由です。

① 他のエリアから求められているパターンの場合は、栄転と言われるケースですね!

今のエリアで結果を出し、他の困っているエリアや大学病院/基幹病院を中心とした重要なポストに、新たなポジションで異動することですが、出世街道に乗っている人はこんな感じでどんどん上に上がっていきます。

② 自組織からはじき出されたパターンの場合は、上司と折り合いが合わなかったり、担当先で結果が出なかったりしたときに、こういうこともあり得ます。

③ 同じ場所で働きすぎてモチベーションが下がっているパターンの場合は、本人は転勤して新天地で仕事をしたいと要望しているのにも関わらず、何故か何年も同じところにいるケースです。

あまり希望とは違い同じ所に長くいると、パフォーマンスも下がってきますので、そういうケースでは上司判断で転勤もあるようです。

総括

今回はMRの転勤の実情について、記事を記載させていただきました。

どの場所でも住めば都ですので、就活生の方は色んな場所に住むことができるチャンスだと前向きに考えて欲しいなと私は思っております。

ではまた宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました