コントラクトMRから正社員へなった知人の話

転職

こんにちは!

ChaKです。

本日は『MRから正社員へなった知人の話』について、記載をします!

ここ数年で、MRの転職求人も大きく変化してきており、メーカーへの求人よりも、CSO(コントラクトMR)の求人が増えています

またメーカーの求人を見てもほとんど大学病院・基幹病院の担当経験や、オンコロジー・免疫の担当経験などの記載がありますので、他業界からMRへ転職するには、1度CSOで経験を積んでから、メーカーへ転職する流れが一般的になってきています。

ただ製薬業界も弱肉強食の世界であるため、CSOからメーカーへの転職は容易ではなくなってきているのが現状ですので、悩まれている方も多いのではないでしょうか?

 

本日は一例ではありますが、CSOからメーカーへ転職が成功したケースを紹介します!

 

前職はなんであったか?

その方の前職はハウスメーカーでしたので、製薬業界とは全く関係のない業界です。

某CSOの会社に入社し、コントラクト先のメーカーに就職した形になります!

CSOからの転職は2つあり、コントラクト先に入社するパターンメーカーの求人に応募するパターンです。

どういう流れでコントラクト先に入社したのか?

2~3年コントラクトMRとして、入社する会社で働いていたようです。

色んな理由があるみたいですが、大きくは2つです!

1つ目は『短い期間で実績を残すことができたこと』です。

発売したばかりのある製品で、周りが苦戦する中で、大きな実績を作ることができたようです。

コントラクトMRに求められることで1番大切なことは数字を伸ばすことですので、コントラクトMRとして求められたことを最大限に発揮できたようです!

2つ目は『評価する上司から気に入られていたこと』です。

これは性格の一致・不一致があるので、運の要素も強いですが、これも引きの強さですね!

実績を出しながら、上司からも評価や信頼を勝ち取った結果だと、知人も言っておりました!

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『MRから正社員へなった知人の話』について、記載をしました!

ここ数年で、MRへの転職市場は大きく変化をしており、メーカーの求人は減っている状況は否めないです。

ただその代わり、CSO(コントラクト)市場は、増えているので、未経験からMRになるには、CSOを経験することは必須になるかもしれないですね!

ここからは個人的な意見になりますが、決してメーカーでMRとして働くことが正解=ゴールではないと思います。

なぜなら、今後MRの働き方もリモートが進むことで、多様化してくる可能性があるので、勤務地指定領域指定をしながら働いたりと、メーカーで勤務するよりも融通が効くと思いますので、この点ではCSOは魅力的ですね!

MRへ転職を目指す方は、CSOからメーカーを目指す道とCSOで働く道と2つありますので、是非チャレンジして欲しいと思います。

オススメの転職サイトもありますので、以前記載した記事も載せておきます。

【高収入ハイクラス用】オススメ転職サイト
高収入ハイクラス用のオススメ転職サイトについて知りたいですか? 本記事では、高収入ハイクラス用のオススメ転職サイトについて、ChanKオススメの3つのサイトを紹介しています。 現役MRや転職を検討している方は必見です。

個人的には、キャリアカーバーとランスタッドは特にオススメです!

ではまた宜しくお願いします!

コメント

  1. あかし より:

    コントラクトMRは、CROではなく、CSOですよ。きちんと勉強しましょうね

    • ChanK ChanK より:

      あかしさん
      そうですね。間違っておりました。
      ご訂正していただきまして、ありがとうございます!
      訂正させていただきました。

タイトルとURLをコピーしました