部下は上司を選べない!

MRについて

こんにちは!

ChanKです。

 

本日のテーマは『部下は上司を選べない!』です。

就活生の方はなかなかイメージしにくいと思いますが、色々なサラリーマンが抱えている悩みの一つでございます。

大袈裟ですが、どの上司になるか?で部下であるサラリーマンの人生が決まってしまうと言っても過言ではないということです。

私は今まで5人の上司と廻り合いました!

色々な人がいて、私も「部下は上司を選べないなー」と痛感しましたので、当時のエピソードをお伝えします!

 

嫌みネチネチ型上司

私の新人時代の上司になりまして、ケースとしては少ない部類の上司だと思っています(笑)

具体的には

・過去のミスを何度も言う

・直帰はNG

・責任は取らない

簡単にまとめると、こんな感じです。

仕事での昔のミスを飲み会で何度もも蒸し返しされ、私を笑い者にするような感じが一番ストレス溜まりましたね。

ただ僕も新人で、高校までバリバリの野球人であったということもあり、何とか歯を食い縛り耐えました!

でも一回だけ言い返したことがあり、2人で上司と同行中に貰ったアドバイスに対して、「それは違うと思います!私は自分の考えが正しいと思います!」と伝えたら、めっちゃ怒られました(笑)

私としてはすっきりしたので、耐えるだけでなく、言い返してみても良いかも?と思いました!

細かい管理型上司

2人目の上司でございます。

このタイプは、結構多そうです。

何故なら、中間管理職の仕事が部下の管理という位置づけになっているからです。

どんなタイプか具体的に言うと

・仕事はストイック

・数字に対して、かなり厳しい

こんな感じです!

言うことが全て正論であり、営業たるもの数字を上げる必要があるというマインドのため、正直かなり勉強になりました!

その代わりゆるーく仕事をしたいという人には、細かく追及があるため性格が合わないと思います。

私はこの上司から色々と勉強させていただき、今の自分があると思っています!

シンプルにアホ型上司

一番クズのパターンですね(笑)

2人目の上司の後だったので、無能さが際立っていました!

私が異動となり、この上司の元に行きましたが、チームの雰囲気も悪く、メンバー全員がこの上司の悪口を言うような状況でした。

何が原因でこんなに嫌われるのか?当初は疑問に感じましたが、1ヶ月も経てば理由は明白でした(笑)

・重要な先生の名前を覚えていない

・自分の意見がない

大きくはこの2つでしたが、どちらも人の上に立つ人物がこんな無能な奴で、この会社大丈夫かよと思いました。

案の定、私が来て1年半程で営業ラインから外されて、内勤へ飛ばされていました。

このアホ上司は、重要な先生へのアポイントで訪問するときにも「名前何だったけ?」とか、講演会の打合せを進めているときも「このように進めようと思いますが、これで良いでしょうか?」と聞くと「うん!OK!」しか言いませんでした。

この仕事で年収1千万以上貰っていると思うと、本当にムダ金だと思います(笑)

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『部下は上司を選べない!』をテーマにして、記載をさせていただきました。

私は今まで5人の上司と一緒に仕事をさせていただきましたが、なかなか自分に合う上司には巡り合わないと思っています。

2人目の上司には、色々とご指導をいただき本当に成長できたと感じています。

当時私が転勤する際に「中々自分に合う上司は巡り合わないと思うが、腐ったらそこで終わりだぞ!!」と言われたことを覚えています。

今でもその上司とは定期的に連絡を取らせていただき、仕事の悩み等を相談させていただいています。

結論、部下は上司を選べないということですが、そんなアホの上司に時間を割くのは勿体無いので、腹をくくって耐えるしかないかと思います。

反抗してみても良いですが、評価者でもあるのでそこは上手く利用してやりましょう!!

ではまた宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました