新人MRの現場研修・OJT研修とは?

MRについて

こんにちは!

ChanKです。

本日は『新人MRの現場研修・OJT研修とは?』をテーマに記載します!

新人MRは、入社してから営業以外の他部門の同期と数週間一緒に基礎研修を受けて、それからMR研修を3~4ヶ月程度受けるのが一般的です。

これからの研修が終わると、いよいよ現場に配属される訳ですが、いきなり『はい、どうぞMRとして訪問してきて下さい~』ということではなく、先輩MRがどういう活動をしているのか?同行をしたり、自分の担当エリアや施設を上司や先輩MRと同行して訪問するOJTという現場研修があります。

会社によって異なりますが、現場研修を定期的に組み込むケースや、教育係と呼ばれる先輩MRが横に付くケースなど、色々な形があります。

新人MRの方が、現場に配属されてから最初のミッションである現場研修・OJT研修について記載します!

現場研修とは?

これも会社で呼び方が若干異なると思いますが、現場研修やOJT研修、新人研修と呼んだりしていますね!

私はOJTと言われてもピンと来ないので、現場研修や現場同行と呼んでいます(笑)

※OJT(On the Job Training)

ただ現在はコロナが流行していることもあり、大人数で医療機関へ訪問することは宜しくないので、現場研修よりも社内で現場を想定したロールプレイングや、リモート面会での同席がメインになっています。

そのため、当面はリモート面会時の所作なども現場研修の一環として、研修プログラムに入ると思います!

現場研修で学ぶこと

現場研修では、先輩が実際に先生方とどういう話をしているのか?を見て、話の引き出しを増やすことが勉強になると思います!

最初は、先生と話すときも緊張したりすると思うので、先輩が話していたことを真似ることからでも良いですね。

ただ真似すべきでない先輩もいるので、そこの線引きは気をつけて下さい(笑)

自分の性格やスタイルに似ている先輩から、まず真似てみるのがオススメです!

私も配属されて最初の半年ぐらいは、製品や疾患の理解と、卸やMSさんとの情報交換や、担当施設のルール確認などで、本当に大変だったので、年が近くてスタイルが自分に近そうな先輩の真似をさせて貰っていました(^^)

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『新人MRの現場研修・OJT研修とは?』をテーマに記載しました!

現在新人研修中で、これから配属される新人MRの方の参考になれば嬉しいです。

新人だから聞けることや、新人だからできる先輩との同行などもありますので、貴重な経験だと思います!

自分の担当を持つようになると、自分の仕事が忙しくなり、なかなか先輩と同行したりする時間も取れなくなります。

私は先輩の説明会に同席させていただいたときに、言葉の言い回しジェスチャー間のとり方質疑対応など非常に勉強になったことを覚えています!

スライドとスライドの間の繋ぎ言葉であったり、興味の引きつけ方も凄いな~と思い、自分も先輩みたいに上手くなりたいという具体的な目指す姿が見れたことも良かったですね。

宜しければ、今日の記事を参考に現場研修まで準備していただければと思います!

では、また宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました