リモート面会と対面面会とどっちが良いのか?考えてみた!

MRについて

こんにちは!

ChanKです。

本日は『リモート面会と対面面会とどっちが良いのか?』をテーマに記載します!

リモート面会するようになり、はや1年が経とうとしておりますが、病院によっては訪問規制により、まだ訪問できない施設もあると思います。

私も実際は、病院ルールや先生の好みに合わせて、対面面会リモート面会を使い分けていますが、どちらも善し悪しがありましたので、本日は体験談も含めてお伝えします!

リモート面会は普及している?

実際、リモート面会が普通になりつつあるので、1年前に比べるとリモート面会を受けてくれる先生が増えてきた印象はあります!

ただ機械操作が苦手な先生や、一部ネット環境が整っていない病院だとまだ難しい部分もあるかもしれませんが、少しずつ浸透してきているのではないでしょうか?

講演会も今はほとんどがWeb形式で行っていますし、学会でもWebと現地のハイブリッド形式を採用しているところもありますね!

また学会がリモートを取り入れてから、急速に進んだ感じはありますので、学会が推奨してくれるのは、MRとして有難いですね。

緊急事態宣言解除から半年あまり…新型コロナ MR活動のいま【匿名座談会】 | AnswersNews
新型コロナウイルスの感染拡大で様変わりした医薬品の情報提供活動。4月末に緊急事態宣言が全国で解除されて半年あまりたちましたが、MRたちは今どんな活動をし、何を思っているのか。3人のMRに話を聞きました。

answersでもリモートに関して、座談会形式で記事がありました!

結論、エリアや病院や先生によりますが、1年前に比べるとリモート面会が、MRと先生を繋ぐコンタクトツールとして、浸透はしている状況ですね!

リモート面会のメリット!

私もリモート面会をする機会が多くございますので、メリットは何か?考えてみました!

・比較的長く面会時間をいただける

リモート面会の場合、先生も予め面会の時間を確保していただいていますし、面会内容もご理解している状況のため、じっくりお話ができることが多いです!

・移動時間がない

移動時間がないため、今まで移動していた時間を勉強や面会準備の時間として、効率良く使うことができます!

リモート面会と対面面会のどちらが良いか?

結論から言いますと、私は対面面会の方が好きです!

理由は2点あり、顔色や雰囲気を確認しながら面会できること初対面の先生と話しにくいことです。

例えば、講演会の立ち上げに関する相談や、クロージングするときに、リモートでするのは少しやりにくいな~と思います。

また転勤してから、初めて面会する先生や、今まで訪問してなかった先生とのアポイントを依頼するときなどは、初対面になるので、できれば対面面会の方が個人的には良いなと感じます!

先生によってリモートが良いと言う先生もいるので、MRとしてはどちらでも対応できるように準備が必要ですね。

総括

いかがでしたでしょうか?

本日は『リモート面会と対面面会とどっちが良いのか?』をテーマに記載しました!

リモート面会も対面面会もどちらも善し悪しがあると思いますので、先方のニーズに合わせて対応できるようにしておきたいですね。

また実績・数字の変化も確認したいな~と思いましたが、一概に面会方法だけで断定することができないので、今回は記載しませんでした。

ただ個人的には、面会規制が入ったことにより、新薬の導入は以前よりも若干遅くなっているかな?と思っています!

皆様はいかがでしょうか?

やはり新薬となると、面会して新薬が使える患者さんのイメージや、不安の払拭など、MRの情報提供が私は必要だと改めて感じました!

MRとして新薬を扱うことは幸せという話
MRとして新薬を扱うことについて知りたいですか? 本記事では、MRとして新薬を扱うことの喜びや幸せを記載しています。 これからMRを目指す方は必見です。

あと他社メーカーの知り合いから、リモート面会の数をトレースされているというような事例も聞きましたが、これはトレースする必要はあるのか?と思いました。

リモート面会をすることがゴールになっているので、自分だったら嫌だなと感じました(笑)

今後もまだリモート面会を活用するケースはありそうなので、リモート面会と対面面会を上手く使いこなせるMRになりたいですね!

ではまた宜しくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました